ご家庭でも簡単「そば湯」のつくり方

そばくん

こんにちは!

今日は「そば湯」のつくり方についてお話しします。

 

そば湯というと、そばを食した後、そばつゆなどを加え嗜むことが多いのではないでしょうか?

関西地方と関東地方では「そば湯」についての意識も異なったりするようです。

その「そば湯」ですが、一般的にはそばを茹でたときのゆで湯。

そばは、ビタミンや毛細血管を強くするルチンといった、さまざまな栄養素が含まれていると言われています。

その栄養素がそばを茹でたときに流れ出たそば湯を、いただかないのはもったいない。

 

しかし、いつもそば屋に行くことも・・・

 

そこで、家庭で簡単にできる「そば湯」のつくり方をご紹介します。

つくり方も様々。

たとえばこんな方法も。

湯呑みにそば粉とお湯を注いで混ぜる方法もあり一番簡単ですが、ダマができたり、とろみに欠ける場合があります。(個人的感想です。)

 

わたしがいつもそば湯をつくる時の方法はこうです。

 

【つくり方】

①お水:200㏄を小鍋にいれます。

②小さじ山盛り1杯のそば粉を加えよく混ぜ合わせます。(ダマがなくなるまで)

③きれいに溶けたら、中火にかけゆっくりかき回します。

④かるく沸騰しはじめたら、火から外します。

⑤お好みの方法でお召し上がりください。

※②のそば粉の量により味の濃さ、とろみが違います。お好みの味に調整してください。

 

ポイントはお水にそば粉を溶いてから火にかける事

これさえ守れば、ダマのない美味しいそば湯が出来上がります。

しっかり火にかけることでとろみも違ってきます。

 

そば粉によって味や風味が違います。

そばの実は、中心部分から外側に向けて更科粉から3番粉また、末粉などわかれ、栄養価や風味が異なります。

そばの中心部分を使った「更科粉」を使えば雑味のないそば湯ができ、

出雲そばに使うそばの実を丸々製粉したそば粉は、しっかりそばの風味を感じることができます。

 

自分好みのそば粉を見つけるのも楽しみの一つかもしれませんね。

 

そばの風味と、とろみのある食感が楽しめるそば湯。

ぜひ、お試しください。

 

本田商店がおすすめするそば粉はこちら。

島根県産そばの実を丸々挽き込んだそば粉。

ご注文を受けてから製粉するため風味が違います。

 

 

そばの実の中心部分をつかった「更科粉」です。

産地:モンゴル地方

 

「そば湯は飲むべき?含まれる栄養やおいしい飲み方」はこちら

 


当ショップのご利用案内

お買い物の流れお買い物の流れ

  • ご注文

    自動返信メールが届いた後、
    お支払い方法を記載したご注文
    確認メールを当店から送信します。

  • お支払いについて

    お支払いは7日以内にお願いします。
    お支払い確認後、発送手配致します。

  • 発送

    発送後、荷物追跡番号をご案内します。

  • お届け

    到着後、なるべく早く商品をご確認下さいませ。

FAXでのご注文FAXでのご注文

注文用紙はこちらからプリントしてご利用ください。
プリントできない方は「商品名、注文個数、お名前、郵便番号、住所、電話番号、お支払い方法」をご記入の上、上記FAX番号までお送りください。

お支払いについてお支払いについて

お支払方法は、「代金引換」もしくは「銀行振込・郵便振込(入金確認後の発送となります)」もしくは「クレジットカード」がご利用いただけます。

配送・送料について配送・送料について

お支払い方法で「代引き」「クレジットカード」をご希望の場合は、商品ご注文確認メール送信後、通常1週間以内に発送いたします。
また「銀行振込」「郵便振込」をご希望の場合は、 ご購入時、振込先を明記したメールを配信致します。内容を確認の上、お振込お願いします。なお、振込手数料はお客様負担となっております。ご了承くださいませ。その後、銀行、郵便局での入金を確認できしだい商品の発送をいたします(※代金入金後、弊社の入金連絡が来るまで2、3 日程度時間がかかりますので、その旨どうぞご了承下さい)。 なお、年末年始・お盆・GW など、当店休業日を含む場合は少々お時間がかかる場合もございますので予めご了承ください。