縁起を担ぐ「晦日そば」って知ってる?

月末に食べる「晦日そば」ってご存じですか?

そばは古来、季節や行事に合わせてさまざまなシーンで食べられてきました。

大晦日に食べる年越しそばもそのひとつ。

 

年末にそばを食べてゲン担ぎするのは、昔から続くよく知られた風習です。

 

そんな節目ごとに食べるそばとして、月末に食べる「晦日そば」というものをご存知でしょうか?

 

 

晦日ってなに? 大晦日との違いは?

 

そもそも晦日とは、1月であれば31日、6月であれば30日など、月の最後の日のことを指しています。

読み方は「みそか」「つごもり」「かいじつ」で、この言葉は旧暦と大きく関係しています。

 

「晦(三十日)」という字は、月の満ち欠けにおいて”月が隠れる”という意味を表しています。

月の様子で暦が決まっていた旧暦は、月の光が失われる「新月」を1日、月が隠れる30日を「晦」と呼んでいたのだそう。

新暦に変わってもこの風習が残り、31日で終わる月もまとめて月末を「晦日」と呼ぶようになったようです。

 

というわけで1年に12回ある晦日ですが、中でも12月の晦日は1年の締めくくり。

晦日、晦日・・・と続き、

晦日の中でもとくに大事な日というわけで”大”の字をつけて「大晦日」と呼ぶようになりました。

 

 

かつては「晦日そば」が食べられていた

 

大晦日に食べる「年越しそば」と同様、”晦日”という呼び方が定着していた江戸時代頃まではゲン担ぎとして月末には晦日そばが食べられていたのだとか。

そばを食べる理由は大晦日に食べる年越しそばと概ね変わらず、「細く長い人生を願って」「切れやすいそばに倣って悪縁を断ち切るため」などの願いが込められていました。

 

晦日という言葉自体が明治時代にほとんど使われなくなったため、それに沿って晦日そばを食べる風習もほとんど廃れてしまいましたが、大手麺チェーン店が”晦日そば”を復活させ、月末限定で「そば食べ放題」を実施するなどしたことで、現代において再び注目が集まっています。

 

 

月末に晦日そばを食べよう

日本には昔から節目節目で行事を行い、その時期を敬いつつ快適に過ごせるよう願ってきた歴史があります。

晦日そばもそんな日本ならではの節目の風習のひとつです。

明治時代で一度は廃れてしまいましたが、今一度かつての行事を思い出しながら月末に晦日そばを食べると気持ちがぐっと引き締まりそうです。

 

決まった具材や食べる時間などはとくに指定がないようなので、ざるそばでもかけそばでも好きに食べたいところ。

好きな具材をトッピングして、思い思いの晦日そばを楽しんでみてはいかがでしょうか!

こむぎちゃん
げんを担いで月末にはおそばを食べたいですね!

 


当ショップのご利用案内

お買い物の流れお買い物の流れ

  • ご注文

    自動返信メールが届いた後、
    お支払い方法を記載したご注文
    確認メールを当店から送信します。

  • お支払いについて

    お支払いは7日以内にお願いします。
    お支払い確認後、発送手配致します。

  • 発送

    発送後、荷物追跡番号をご案内します。

  • お届け

    到着後、なるべく早く商品をご確認下さいませ。

FAXでのご注文FAXでのご注文

注文用紙はこちらからプリントしてご利用ください。
プリントできない方は「商品名、注文個数、お名前、郵便番号、住所、電話番号、お支払い方法」をご記入の上、上記FAX番号までお送りください。

お支払いについてお支払いについて

お支払方法は、「代金引換」もしくは「銀行振込・郵便振込(入金確認後の発送となります)」もしくは「クレジットカード」がご利用いただけます。

配送・送料について配送・送料について

お支払い方法で「代引き」「クレジットカード」をご希望の場合は、商品ご注文確認メール送信後、通常1週間以内に発送いたします。
また「銀行振込」「郵便振込」をご希望の場合は、 ご購入時、振込先を明記したメールを配信致します。内容を確認の上、お振込お願いします。なお、振込手数料はお客様負担となっております。ご了承くださいませ。その後、銀行、郵便局での入金を確認できしだい商品の発送をいたします(※代金入金後、弊社の入金連絡が来るまで2、3 日程度時間がかかりますので、その旨どうぞご了承下さい)。 なお、年末年始・お盆・GW など、当店休業日を含む場合は少々お時間がかかる場合もございますので予めご了承ください。